カルバトールはジェネリック

年齢を問わず発症するてんかんの発作にはカルバトール

てんかんは脳の病気の一つです。脳の神経細胞が突然、激しい興奮を引き起こすというものです。神経細胞の異常な電気的活動が原因とされていて、けいれん発作や突然の意識消失等、様々な症状があります。
てんかんが発症する年齢は、3歳児未満が多いですが、成人してからも発症する可能性があり、年齢や性別を問わず、発症の可能性があります。子供の頃に発症すれば年齢を重ねる内に治る事もありますが、一生付き合っていかなければいけない場合もあります。日常生活に支障をきたさないように、症状を抑える薬を服用する事が大切になります。
てんかんの発作が起こった場合に用いる事のできる薬に、「カルバトール」があります。同じくてんかんの発作を抑える「テグレトール」という薬のジェネリック医薬品です。「カルバマゼピン」が主成分で、脳神経の興奮を鎮めるという作用があります。てんかんの他にも、統合失調症や双極性障害による興奮を鎮めたり、三叉神経痛の治療に用いられたりします。
てんかんの症状や重さは人によって様々です。そのため、カルバトールの適切な服用方法は個人によって違いがあります。病院で医師と相談して、正しい服用方法の指導を受ける事が必要です。自己判断で薬を止めると、症状を悪化させる危険がある事にも注意しましょう。また、併用できない薬の成分が多いので、他に服用している薬がある場合も、事前に確認しておきましょう。
カルバトールはジェネリック医薬品のため、他の抗てんかん薬に比べて安価ではありますが、病院では処方されません。購入する場合は個人輸入になります。値段だけで購入先を決めると、思わぬトラブルが発生する場合があります。信頼性が高いところを選んで、カルバトールを購入する事が重要です。