カルバトールはジェネリック

カルバトールとてんかん症状の予防

カルバトールはてんかんによる大発作などの症状を予防するために服用されている薬で、精神運動発作などにも効果があるので、てんかん以外の病気にも処方されています。基本的な作用としては脳神経や末梢神経細胞の一部を遮断することなので、躁うつ病の症状を抑えるためにも服用されています。またアルツハイマー病などの脳の萎縮が進んでしまう病気にも有効なのですが、効果を実感できるまで1週間から2週間程度かかります。カルバトールは市販では入手することができない薬なので医師の指導にしたがって服用する必要があります。また自分の判断によって服用を中止するとてんかんの発作が起きるなどの症状が悪化することがあるので注意をしなければなりません。またカルバトールを統合失調症などの興奮状態を抑えるために使用している場合には副作用の心配もあるので、使い続ける場合には医師に相談をする必要があります。副作用としては眠気や運動失調、倦怠感、頭痛、かすみ目などがあるので自動車の運転や、危険を伴う作業をする場合には服用を避けなければなりません。カルバトールはジェネリック医薬品が多く出回っているので、インターネットなどでも手に入れることができるのですが、副作用などの危険のある薬なので、医師や薬剤師による適切なアドバイスを受けてから服用しなければなりません。またカルバトールを服用する場合には年齢や症状から用量を判断するので、専門医の指示にしたがって服用することが大切です。服用を中止する場合には少しずつ量を減らしていくことが重要で、いきなり服用を中止してしまうと脳の機能が不安定になるので、副作用が起こりやすくなります。躁うつ病やてんかんは適切な薬の服用をしなければ危険が伴います。