カルバトールはジェネリック

てんかん発作対処法はカルバトール・前兆を把握しよう

てんかんが起きる時には前兆があると言われています。前兆とは、発作の起こり始めに自覚する症状です。これは発作の初期症状と呼ぶことが出来ます。前兆の種類により、どのような発作が起きるのか把握するのには大事なサインです。これらの発作対処法を考えていきましょう。まず、電気が走ったようになる。手足が熱くなる、めまいなどの身体の動揺感、酸っぱい味がするといった味覚症状、胃腸がゴロゴロする症状、不安感、恐怖感、心臓の動悸が激しくなる、また、手足がピリピリするなどといった、身体感覚症状が起きる人や、いろいろな形が見える人もいます。例えば点や星型・線や円形、色付きであったりモノクロであったりもします。これは視覚症状です。また、人の声が聞こえたり、カンカンなどという機械の音がしたりといった、聴覚症状が起こる人もいます。発作の起こる数日前や前日、数時間前に前兆症状が起こる人もいます。これらは患者自身でも分かることがあります。しかし、こういったものは前兆ではなく、前駆症状と呼ばれているようです。しかし、これらも無視せず、きちんと発作対処法を行っていくということが大切だと言えます。カルバトールはこういった症状を治療する精神症状の治療薬です。カルバトールの使用の際の注意としては、医師が使用を中止を指示するまで飲むことを勝手にやめないと言う事です。もし個人の判断で勝手で服用をやめてしまうと、却って発作が重くなることもありえるからです。発作対処法には前兆を早めに発見し、正しい用法で薬を服用していくことが一番大事です。カルバトールを正しく服用することで、発作による苦しみも減っていくでしょう。医師に相談し、正しい用法に従っててんかんを軽減しましょう。