カルバトールはジェネリック

てんかん、躁うつ病に効果があるカルバトール

カルバトールは、てんかんの治療薬として使用される薬です。カルバマゼピンが主成分であり、精神症状の治療薬として用いられます。てんかんは大脳の神経細胞の働きに関わる病気です。規則正しいリズムで調和を保ちながら活動している大脳の神経細胞が、何らかの原因で乱れることで発作が起こります。発作は反復することが特徴です。具体的な発作の種類は、意識を失うと共に全身が硬直したり、逆に全身の力がなくなったように崩れ落ちてしまったりと人によって様々です。てんかんの発作は、大脳に電位が生じることで起こりますが、カルバトールは脳神経や末梢神経細胞のNaチャンネルを遮断することで、脳内の電位の立ち上がりを阻止し、発作を抑えます。
カルバトールは、躁うつ病と呼ばれることも多かった双極性障害の治療にも有効であるとされています。双極性障害とは、気分の異常な高揚が続く躁状態と、気分が落ち込むうつ状態を繰り返す精神疾患のことです。通常のうつ病と違い、気持ちに大きな波が生じやすく、自殺など突発的な行動に出てしまうなどの危険があります。また、単純なうつ病に使用する薬を使用しにくいという注意点もあります。双極性障害は長く心の病であると思われてきましたが、最近では脳の病気であるという多くの証拠が得られてきました。そのため、大脳に働きかけるカルバトールが治療に使われます。
カルバトールは即効性がある薬ではなく、服用から実際に効果が表れるまで一週間から数週間がかかる薬です。医師の指示を守り、用法用量を守って正しく服用することが大切です。よく発生する副作用には、発疹や眠気、運動失調や倦怠感などがあります。また、薬によっては飲み合わせによって副作用が強くなる場合があるので、注意をする必要があります。