カルバトールはジェネリック

カルバトールはジェネリックだけど安心?

カルバトールはテグレトールの後発医薬品、ジェネリックとして発売されるようになったという経緯を有しています。しかしジェネリックという言葉はいまひとつまだ安心感を持たれてはいないのも事実で、時折「ジェネリックは危険だ」と言われることもあります。それではカルバトールの安全性についてですが、これについては「新薬ほどの安全性は確立されていない」ということがまず前提として確認しなくてはならない部分になります。そもそもジェネリックという医薬品は「新薬で十分に研究がされた成分について広く使用できるようにする」ということが目的のひとつです。新薬で研究がされた成分を使用するために安全性検査などについては新薬ほど十分に行われていないというのが制度上の問題となっており、また完全に新薬と同じものではないため人によってはこれまで無かったような副作用が出るというリスクがあるということは否定できません。この点において新薬であれば安全性検査が十分に行われており、問題があった場合の対処についてもスムーズに行えるような情報収集がされているのですから、もし「絶対に安全な医薬品以外使いたくない」というのであれば、新薬を使ったほうが良いと言って良いのは事実です。しかしことカルバトールということについて言えば、ある程度安全性を担保してくれる要素として製薬会社の大きさがあります。カルバトールを製造販売しているのはノバルティス・ファーマという会社であり、この会社は世界トップクラスの規模を持つ製薬会社となっています。そこでもしも安全性に問題がある医薬品を安易に製造販売するということになると、企業そのものの信用が揺らぐわけですからその点で信用は出来ると言って良いでしょう。とはいえやはり先に述べたようなリスクはありますから、処方については自分だけの意思で決定するのではなく、主治医と相談をすることが必要です。

カルバトールの成分とその効果

カルバトールとは、てんかんの治療や向精神薬に用いられていて高い薬理効果が期待できる経口投与の薬です。この他にも、躁うつ病や双極性障害、三叉神経痛などの治療にも広く使用されています。また、アルツハイマー病などの認知症、抗精神病薬に反応しない精神病症状や焦燥性興奮にも有効です。カテゴリーとしては、ジェネリック医薬品に分類されます。主成分は、カルバマゼピンです。カルバマゼピンは、古くから開発され、現在に至るまで多様にわたって医療で用いられてきた薬ですので、信頼性も高い成分です。神経細胞の電位依存性ナトリウムチャンネルの活動を制限し、脳内神経の過剰な興奮を鎮めて、てんかんの症状などを抑える働きをします。脳の神経を穏やかにしてくれるため、気分の過剰な高揚や不安感に苛まれるといった症状の緩和にも有効作用します。ただ、カルバトールは服用後すぐに効果が発揮されるというものではないため、少なくとも1週間~数週間は摂取し続けることが必要です。投与し始めた初期の段階では、代謝酵素の自己誘導が十分に発現していないため、血中濃度が著しく高値を示すことがあるので、定期的な血中濃度の測定をしながら薬量を調整していく必要があります。注意しなければならないポイントは、服用途中でいきなり断薬をしてしまうと強い発作などの反動が起きてしまうことがありますので、徐々に薬量を減らしていくなどの工夫をしなければなりません。大脳に対して作用する薬ですので、副作用にも十分注意することが重要です。他にも、飲酒をしたりグレープフルーツを摂取すると、薬の効能が上がって過剰に効きすぎてしまいますので、カルバトールの服用時は控えることが大切です。

カルバトールの重篤な副作用

カルバトールはジェネリック医薬品で、抗てんかん薬、躁病の躁状態、統合失調症の興奮状態や三叉神経痛に処方され、個人輸入で海外から購入可能になっている薬です。ジェネリック医薬品とは元の薬の特許切れの後に製造された医薬品です。どのような薬でも副作用はあります。カルバトールはジェネリック医薬品ですので成分は元になった薬と全く同じです。という事は副作用も全く同じです。カルバトールの副作用にも症状が軽い場合から重篤な場合まで様々あります。比較的軽い副作用にはめまい、ふらつき、眠気などがあり、重篤な副作用では血液障害などが起こります。もう少し詳しく説明すると、再生不良性、溶血性などの貧血、汎血球、血小板減少があります。皮膚症状もあり、皮膚が壊死を起こしたり、陰部やその他の粘膜がびらんをおこしたりしますので、皮膚の症状にも注意が必要です。薬ですので肝機能障害も起こり、劇症肝炎に移行し死亡する場合があります。その他にも急性腎不全、うっ血性心不全、間質性肺炎、血栓塞栓症などがあります。以上のようにカルバトールの副作用は体内の重要な臓器、心臓、肺、肝臓、腎臓に起こり、しかも血液の異常まで起こる確率が非常に高く、放置しておくと確実に死亡します。また、重篤な副作用の中に悪性症候群という副作用があります。この副作用は、カルバトールを服薬することにより発熱や意識障害、無動緘黙といって身体が動かせなくなって、しゃべることができなくなったり、極度な筋肉のこわばりや、食べ物を食べることができなくもなります。この場合は服薬を中止することが必要なのですが、突然中止したり、急激に量を減らすことで悪性症候群が起こる場合もありますので医師の診断が大切です。

■テグレトールについて知りたい方はこちら
テグレトールの効果的な飲み方
■インターネットでの購入に不安な方はこちら
あんしん通販の詐欺の噂は?
■売れ筋の人気商品
医薬品 ネット販売